新着ニュース

【日本学生支援機構奨学金】貸与終了後(満期・辞退・廃止)も在学している学生対象【在学猶予願】

掲載日:2024年4月9日
カテゴリ:学生部
【日本学生支援機構奨学金】貸与終了後(満期・辞退・廃止)も在学している学生対象【在学猶予願】
日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた(昨年度までに貸与終了・辞退・廃止)学生で、現在在学中の方は在学猶予願をスカラネットパーソナルから入力することで、在学中の返還が猶予されます。
在学猶予希望者のうち在学猶予願を入力していない人は、スカラネットパーソナルから「在学猶予願」を入力してください。
入力しない場合は、在学中でも返還が始まり、返還に応じない場合は督促等も行われます。
入力期間は、4月12日(金)~5月24日(金)です。

在学猶予願の入力に必要な情報は、学生部窓口に掲示しています。
大学と短大で入力番号が異なります。直接、学生部窓口の掲示を見て入力内容を確認してください。
猶予年限は、奨学金の貸与が終了してから卒業するまでの年月です。

※短大3年コース3年生で、2年生まで奨学金の貸与を受けていた人は対象者です。
 短大3年コース3年生は、猶予年数は「1年0ヶ月」、事由は「長期」、修業年限は「3年」で入力してください。

※学科名の欄について、
 大学生は、看護学部、総合人間学部、地域マネジメント学部のうち自分の学部を入力。
 短大生は、健康栄養学科 → 家政関係
      こども育成学科 → 教員養成
 で入力してください。

詳細は、下記PDFファイルを確認してください。
過去記事一覧
2024(17)
2023(38)
2022(26)
2021(74)
2020(79)
2019(178)
2018(174)
2017(157)
2016(115)